AMEREX アメレックス・エナジー・コム
トップページサイトマップ
サービス案内 会社案内 お問い合わせ

国産ナフサスワップ取引・ナフサMOFスワップ取引

トップページ > サービス案内 > 国産ナフサスワップ取引・ナフサMOFスワップ取引 > 取引例

取引例

> 国産ナフサスワップ取引の例 > ナフサMOFスワップ取引の例
> その他、ナフサ価格の変動によるリスク例  
※ リンク先をクリックすると該当の箇所へと移動します。

国産ナフサスワップ取引の例

A社はポリエチレン 2,000MT(3Q受渡し)を国産ナフサ価格連動(変動幅:国産ナフサ価格¥1,000/KL当たりポリエチレン¥2/KG)で購入し、ポリエチレン製品の生産、販売します。3Qに仕入れるポリエチレンの価格は2Q国産ナフサ価格を基準に決定されます。ポリエチレン製品の販売価格はポリエチレン製品市況がほとんど変動しない為、原料コストアップ分を販売価格に転嫁できません。

ポリエチレンの購入時、2Q国産ナフサ価格の予想は1Q国産ナフサ価格を上回る¥48,000/KLとなっています。現状のアジアのナフサ市況を考えれば、まだ上がる可能性があり、この価格変動リスクをこのままにしておけば、ポリエチレン製品のコストが上がり、採算が悪化する可能性があります。国産ナフサ価格の変動リスクを回避する対応を見逃すことは企業の収益に影響を及ぼします。
この価格変動リスクを回避するために国産ナフサスワップ取引を行います。

A社はポリエチレン購入時に2Q国産ナフサスワップを¥48,000/KLでアメレックスの仲介によりB社から4,000KLを購入します。 これはB社から¥48,000/KLで購入したA社が、同時に2Qの国産ナフサ価格でB社に販売するという契約を締結したことになります。

B社→A社 ナフサ 4,000KL X ¥48,000/KL (ナフサの受渡はありません)
A社→B社 ナフサ 4,000KL X 2Q国産ナフサ価格 (ナフサの受渡はありません)

2Qの国産ナフサ価格が決定したところで差額清算は次のように行います。実際2Qの国産ナフサ価格(四半期最終月より1ヵ月後の7末日に財務省より公示される6月ナフサMOF価格速報値および4月、5月ナフサMOF確報値より出されたMOF価格の四半期加重平均値+¥2,000/KL)が、¥49,000/KLになった場合は差額の¥1,000/KL(売値−買値:¥49,000/KL−¥48,000/KL)をB社から受け取る事が出来ます。 国産ナフサスワップ取引を行ったことにより、仕入れるポリエチレンの価格決定基準となる2Q国産ナフサ価格を固定価格にしたことで、価格変動リスクを回避できたことを示しています。
2Q国産ナフサ価格が¥48,000/KL以下になることも、僅かながら可能性はありましたが、価格変動リスクを回避しないでそのままにしておくことは企業経営の管理上で問題となります。


お問い合わせはこちら
ご不明な点は、お気軽にお問い合わせください。
問い合わせ先:TEL:03-5472-6292  e-mail:info@amerex.co.jp

ページトップへ戻る

ナフサMOFスワップ取引の例

A社はプロピレン 2,000MT(7月受渡)をナフサMOF価格連動(変動幅:ナフサMOF価格¥1,000/KL当たりプロピレン¥2/KG)で購入し、固定価格にて転売することになりました。7月に仕入れるプロピレンの価格は7月のナフサMOF価格を基準に決定されます。一方、販売価格は既に固定価格となっています。

プロピレン購入時、7月ナフサMOF価格の予想は¥48,000/KLとなっています。現状のアジアのナフサ市況を考えれば、まだ上がる可能性があり、この価格変動リスクをこのままにしておけば、採算が悪化する可能性があります。ナフサMOF価格の変動リスクを回避する対応を見逃すことは企業の収益に影響を及ぼします。
この価格変動リスクを回避するためにナフサMOFスワップ取引を行います。

A社はプロピレン購入時にナフサMOFスワップを¥48,000/KLでアメレックスの仲介によりB社から4,000KLを購入します。 これはB社から¥48,000/KLで購入したA社が、同時に7月ナフサMOF価格をB社に販売するという契約を締結したことになります。

B社→A社 ナフサ 4,000KL X ¥48,000/KL (ナフサの受渡はありません)
A社→B社 ナフサ 4,000KL X 7月ナフサMOF価格 (ナフサの受渡はありません)

7月ナフサMOF価格が決定したところで差額清算は次のように行います。実際には7月ナフサMOF価格(8月末日に財務省より公示される財務省輸入統計速報値)が、¥49,000/KLになった場合は差額の¥1,000/KL(売値−買値:¥49,000/KL−¥48,000/KL)をB社から受け取る事が出来ます。ナフサMOFスワップ取引を行ったことにより、仕入れるポリエチレンの価格決定基準となる7月MOF価格を固定価格にしたことで、価格変動リスクを回避できたことを示しています。
7月ナフサMOF価格が¥48,000/KL以下になることも、僅かながら可能性はありましたが、価格変動リスクを回避しないでそのままにしておくことは企業経営の管理上で問題となります。


お問い合わせはこちら
ご不明な点は、お気軽にお問い合わせください。
問い合わせ先:TEL:03-5472-6292  e-mail:info@amerex.co.jp

ページトップへ戻る

その他、ナフサ価格の変動によるリスク例

1. 既に価格が確定している在庫をお持ちの方が、将来のナフサMOF価格/ 国産ナフサ価格連動(変動価格)で販売する予定の場合。

上記の場合、ナフサMOFスワップ/国産ナフサスワップを販売することにより、販売価格を固定価格に確定できるので、価格の変動リスクを回避し、損益を確定させることができます。

2. (N)四半期の国産ナフサ価格連動の変動価格で仕入れている方が異なる(N+1)四半期の国産ナフサ価格の変動価格で販売する場合。

上記の場合、(N)四半期の国産ナフサスワップを購入、同時に(N+1)四半期の国産ナフサFスワップを販売することにより(N)四半期と(N+1)四半期の価格変動幅を固定できますので、安定した収益の土台を築き上げることができます。

等が挙げられます。

これ以外にもナフサ価格連動で価格が決まる石油化学基礎製品、石油化学誘導品、石油化学最終製品の様々な取引例はあります。
経営の効率化を図れ、且つ価格変動リスクマネージメントが容易になるアメレックスのスワップ取引を是非ご活用下さい。

弊社は、価格変動リスクにさらされた皆様のお取引のお役に立てるよう、経済産業大臣から「特定商品市場類似施設の開設許可(許可番号:平成17・05・02商第27号)」(差額清算取引等も行える施設の開設許可)を受けていますので、安心してお取引に参加していただけます。皆様のお取引参加をお待ちしています。


お問い合わせはこちら
ご不明な点は、お気軽にお問い合わせください。
問い合わせ先:TEL:03-5472-6292  e-mail:info@amerex.co.jp

ページトップへ戻る

国産ナフサスワップ取引・ナフサMOFスワップ取引
取引例
取引の流れ
取引要綱
アメレックス ナフサレポート
取引確認書フォーマット
当サービスのTOPページへ戻る
プライバシーポリシー Copyright (c) 2005 AMEREX・ENERGY・COM.All Rights Reserved.