AMEREX アメレックス・エナジー・コム
トップページサイトマップ
サービス案内 会社案内 お問い合わせ

国産ナフサスワップ取引・ナフサMOFスワップ取引

トップページ > サービス案内 > 国産ナフサスワップ取引・ナフサMOFスワップ取引 > 国産ナフサスワップ取引・ナフサMOFスワップ取引

国産ナフサスワップ取引・ナフサMOFスワップ取引

石油化学会社はナフサと呼ばれる粗製ガソリンを輸入しており、それを原料として様々な石油化学製品を生産しています。日本は現在、約2,000万トンのナフサを輸入しています。石油化学基礎製品や石油化学誘導品、最終製品の価格はこの財務省が発表する国産ナフサ価格、あるいはナフサMOF価格に連動しています。

> ナフサMOF価格、国産ナフサ価格とは
> 国産ナフサスワップ取引・ナフサMOFスワップ取引でリスクヘッジがご必要なお客様
> 国産ナフサスワップ取引とは
> ナフサMOFスワップ取引とは
※ リンクをクリックすると該当の箇所へと移動します。

ナフサMOF価格、国産ナフサ価格とは

財務省(Ministry of Finance = MOF)は、毎月のナフサ輸入平均価格を公示しています。一般的に、石化原料用ナフサ(輸入HS Code : 2710.11-181で示される)の輸入平均価格(CIF価格)は、ナフサMOF価格と呼ばれています。また、この毎月発表される輸入価格を四半期で平均した価格に¥2,000/KLを足したものは国産ナフサ価格と呼ばれています。


国産ナフサスワップ取引・ナフサMOFスワップ取引でリスクヘッジがご必要なお客様

ナフサは勿論、石油化学基礎製品、石油化学誘導品、最終製品(プラスチック製品、合成ゴム製品、塗料 等)の仕入れや販売価格に対して価格変動リスクをお持ちのお客様

または

ナフサ価格連動の基準になる国産ナフサ価格やナフサMOF価格の予想はできても、実際にいくらになるかわかりません。
もし、そのいくらになるか分からない国産ナフサ価格やナフサMOF価格を固定することができれば、様々なリスクを回避することができます。

アメレックスは、そういったお客様のニーズを満たすために『国産ナフサスワップ』取引、『ナフサMOFスワップ』取引を開始します。

ご不明な点は、お気軽にお問い合わせください
(問い合わせ先: TEL:03-5472-6292 e-mail:info@amerex.co.jp

国産ナフサスワップ取引とは

未確定な国産ナフサ価格を固定価格に置き換える取引で、商品の受渡はなく差額清算のみを行うペーパー取引です。
ここで、国産ナフサスワップを購入するという行為は、固定価格を購入し同時に国産ナフサ価格(変動価格)を販売することになり、また国産ナフサスワップを販売するという行為は、その逆を行うことになります。
実際に国産ナフサ価格が発表されれば、購入価格と販売価格との差額を清算することになります。

X社とY社間の国産ナフサスワップ取引
両者間で固定価格を合意し、変動価格である国産ナフサ価格を交換します
(1) X社 → Y社 (固定価格) 例えば、¥48,000/KL
(2) Y社 → X社 (変動価格) 例えば、1Q国産ナフサ価格
※ 取引数量は両者間で合意した数量となります。
※ スワップ取引は(1)と(2)の2つの取引で構成されます。

スワップを販売するX社は¥48,000/KLでY社に販売し、未確定な1Q国産ナフサ価格でY社から購入します。
スワップを購入するY社は¥48,000/KLでX社から購入し、未確定な1Q国産ナフサ価格でX社へ販売します。

未確定な変動価格である1Q国産ナフサ価格が確定した時点で¥48,000/KLとの差額をA社とB社間で清算します。
つまり、確定した変動価格と固定価格の差に契約数量を掛けた金額が差額清算される金額であり、事前に取り決めた決済合意日に清算されます。
>>国産ナフサスワップ取引例


国産ナフサスワップ取引は相対取引です。 お客様と取引をする相手を様々なナフサ取引で仲介の実績をもつアメレックスが探します。取引数量は、原則100キロ・リットル単位で、必要あれば500キロ・リットルでも1,000キロ・リットルでも取引できます。
ナフサだけでなく、石油化学基礎製品、石油化学誘導品、最終製品を取引をされているお客様も、このスワップ取引をヘッジツールとして大いに活用して頂く事ができます。
尚、お取引についての詳細は、取引要綱、取引資料につきましては、取引確認書フォーマットをご覧ください。

ナフサMOFスワップ取引とは

未確定なナフサMOF価格を固定価格に置き換える取引で、現物の受渡はなく差額清算のみを行うペーパー取引です。
ここで、ナフサMOFスワップを購入するという行為は、固定価格を購入し同時にナフサMOF価格(変動価格)を販売することになり、またナフサMOFスワップを販売するという行為は、その逆を行うことになります。
実際にナフサMOF価格が発表されれば、購入価格と販売価格との差額を清算することになります。

X社とY社間のナフサMOFスワップ取引
両者間で固定価格を合意し、変動価格であるナフサMOF価格を交換します
(1) X社 → Y社 (固定価格) 例えば、¥48,750/KL
(2) Y社 → X社 (変動価格) 例えば、1月のナフサMOF価格
※ 取引数量は両者間で合意した数量となります。
※ スワップ取引は(1)と(2)の2つの取引で構成されます。

スワップを販売するX社は¥48,750/KLでY社に販売し、未確定な1月のナフサMOF価格でY社から購入します。
スワップを購入するY社は¥48,750/KLでX社から購入し、未確定な1月のナフサMOF価格でX社へ販売します。

未確定な変動価格である1月のナフサMOF価格が確定した時点で\48,750/KLとの差額をA社とB社間で清算します。
つまり、確定した変動価格と固定価格の差に契約数量を掛けた金額が差額清算される金額であり、事前に取り決めた決済合意日に清算されます。
>>ナフサMOFスワップ取引例


ナフサMOFスワップ取引は相対取引です。 お客様と取引をする相手を様々なナフサ取引で仲介の実績をもつアメレックスが探します。取引数量は、原則100キロ・リットル単位で、必要あれば500キロ・リットルでも1,000キロ・リットルでも取引できます。
ナフサだけでなく、石油化学基礎製品、石油化学誘導品、最終製品を取引をされているお客様も、このスワップ取引をヘッジツールとして大いに活用して頂く事ができます。
尚、お取引についての詳細は、取引要綱、取引資料につきましては、取引確認書フォーマットをご覧ください。

取引をご希望の方はこちら
ご興味をお持ちになられた方は、お電話あるいはe-mailで下記までご連絡願います。
TEL:03-5472-6292  e-mail:info@amerex.co.jp

ページトップへ戻る

国産ナフサスワップ取引・ナフサMOFスワップ取引
取引例
取引の流れ
取引要綱
アメレックス ナフサレポート
取引確認書フォーマット
当サービスのTOPページへ戻る
プライバシーポリシー Copyright (c) 2005 AMEREX・ENERGY・COM.All Rights Reserved.